週刊ベースボールONLINE

オーロラビジョン

DeNA・伊勢大夢 新人ながらリリーフで居場所を確立/新天地1年目のシーズン

 

リリーフながら3勝をマークし存在感を見せた伊勢


 シーズンによっては、新人王候補に名を連ねていたかも知れない。ドラフト3位ルーキーの伊勢大夢は開幕から安定した投球を続け、セ・リーグ屈指のタレントを誇るDeNA救援陣の一角として居場所を築いた。今季最終戦を前にした成績は32試合に登板して防御率1.56。とりわけ10月はチーム最多登板のパットン砂田毅樹に次ぐ13試合に起用されてプロ初を含む3勝をマークした。

 新人王争いに名が挙がらない理由は2つある。本命の森下暢仁広島)が2ケタ勝利&防御率1点台と圧倒的な数字を残し、戸郷翔征巨人)も9勝を挙げてリーグ連覇に貢献。常にライバルの1番手と目されてきた。もう一つは、伊勢の起用法だ。チームは守護神・山崎が不調でもクローザーを務めた三嶋一輝をはじめ、石田健大、エスコバー、パットンと勝ちパターンを担う救援投手が豊富。伊勢が4ホールドにとどまったことからも、ビハインドや大量点差の登板が多かったことが分かる。

 自身もそれを心得ていて、10月10日の阪神戦(甲子園)でプロ初勝利を挙げた際には「いずれ自分も勝ちパターンで投げることを目指している。アピールを続けたい」と口元を締めた。ただ、リリーバーとしては最高の環境にいるという。特に今季途中から抑えを担った三嶋から学ぶものが多いそうで「一人ひとりの打者に魂を込めて投げていくというのを、僕も受け継いでいけたら」と語った。

 ライバルの活躍が刺激となる。森下は明大の同期。「昨年まで4年間一緒にやって、僕は2番手だった。プロの戦いの中では負けたくない、僕のほうが目立ちたいという思いはある」と来シーズンの飛躍を期している。
写真=大賀章好

関連情報

週べ・オーロラビジョン

週刊ベースボール各球団担当による、選手にまつわる読み物。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング