週刊ベースボールONLINE

オーロラビジョン

阪神・スアレス 球速を意識せず常時150キロ後半でセーブ王に/新天地1年目のシーズン

 

途中からストッパーに転向しながらセーブ王に輝いたスアレス。150キロ後半の真っすぐで打者を圧倒した



 阪神1年目から結果を残したロベルト・スアレスの来シーズンは不透明な情勢だ。今季120試合制の中で、51試合に登板し25セーブ(3勝1敗)でセーブ王のタイトルを獲得した働きは実に頼もしかった。

 「100パーセントのストレートを投げられるように準備したい」と臨んだ新天地・阪神。開幕当初は「8回」を任され好投を続けていたが、チーム事情によってストッパーに固定される。

 当初の構想では抑え役は藤川球児だった。しかし、開幕から不調で7月12日には右肩コンディション不良で一軍登録抹消。スアレスがそのポジションをとって代わることになったのだ。

 国内他球団を経ての阪神入りはスタンリッジ、メンドーサ、ガルシアに次ぐ4人目。日本野球を知った助っ人だけに違和感はまったくなかった。

 10月11日のDeNA戦(甲子園)では球団最速タイの球速161キロを計測する。しかもリーグトップの20セーブをマークするなど実力を証明した。

「そんなに球速は意識していないが、いい投球をしてチームの勝利につなげたいという気持ちは強いと思う」

 ソフトバンク時代の2017年には右ヒジ手術(トミー・ジョン手術)を受け、復活を遂げたのは18年だった。荒れ球はあっても160キロ超のストレートの威力は相手打線を黙らせるには十分だ。

 スアレスは「自分のすべき仕事は打者を抑えること」という。阪神2年目シーズンがあるのか。守護神の去就に注目が集まる

関連情報

週べ・オーロラビジョン

週刊ベースボール各球団担当による、選手にまつわる読み物。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング