週刊ベースボールONLINE

オーロラビジョン

ソフトバンク・周東佑京 育成出身初の盗塁王、大幅増は間違いなし!/どうなる? 契約更改

 

世界記録となる13試合連続盗塁もマークした周東


 育成からの「シンデレラストーリー」を足でつかんだ。11月9日の西武とのレギュラーシーズン最終戦(PayPayドーム)。周東佑京は四球で出塁すると、迷うことなく二盗を決めた。区切りの50盗塁。「あと一つなので。49(盗塁)で終わりたくなかった。(50盗塁は)もちろん意識していた。何としても決めたかった」。育成ドラフト出身初の盗塁王を獲得し、今オフの契約更改でも大幅アップが予想される。

 自らの足とともに年俸も急上昇カーブを描いている。2018年に育成ドラフト2位で年俸400万円(金額は推定。以下同)で入団。19年に支配下選手登録を勝ち取ると、600万円に上がった。そのシーズンでは主に代走として、チームトップの25盗塁。3倍超の2000万円に跳ね上がった。侍ジャパンにも抜てきされ、「プレミア12」制覇に貢献。それでも「盗塁王はプロに入る前からの目標。レギュラーにならないと獲れない。内野手としてレギュラーを獲りにいく」と誓った。

 迎えた20年シーズン。開幕当初はベンチスタートが続き、7月終了時点でわずか2盗塁とつまずいた。「育成だったころの気持ちはずっと忘れないように。やったらやった分だけ結果につながるんだなと」。育成から球界を代表する選手に成長した千賀滉大甲斐拓也の姿も追いかけ、徐々に盗塁も増えていった。チームがV奪還に向けて猛スパートをかけた10月はほぼ一番に固定。16日の楽天戦(PayPayドーム)から13試合連続盗塁の世界記録も樹立し、アクセル全開でチームを引っ張った。

 昨年は102試合の出場で114打席だったが、今年は103試合で346打席と大幅増。打率も.270と課題の打撃でも成長を見せた。再び3倍を超える大幅増は必至だ。

写真=湯浅芳昭
週べ・オーロラビジョン

週べ・オーロラビジョン

週刊ベースボール各球団担当による、選手にまつわる読み物。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング