週刊ベースボールONLINE

オーロラビジョン

DeNA・関根大気 8年目の定位置奪取へ、訪れた最大のチャンス/レベルアップ宣言

 

機動力あふれるプレーでチームの得点力アップに貢献したい


 背筋がピンと伸びた。関根大気にとって濃密な時間が待っていた。一軍スタートとなった沖縄・宜野湾キャンプ初日。全体練習を終えた特打で、三浦大輔監督が打撃投手を務めてくれた。約15分間。現役時代と変わらない精密なコントロールに、気持ちを込めたスイングで応えた。「僕はアピールするしかない立場。一軍でチャンスをいただいていることに感謝して、結果で恩返しをしなければいけないと思っています」。高卒8年目の25歳。チームに空いた穴を埋めようと奮闘している。

 長く外野のレギュラーを務め、昨年は主に「一番・中堅」として貢献した梶谷隆幸がFAで巨人へ移籍。ラミレス監督も退任した。さらに新型コロナウイルス感染拡大の影響で、ソトやオースティンら外国人選手は来日できないまま。左翼・佐野恵太を除けば、現時点で外野の2枠が空席状態とチャンスがめぐってきた。「自分が現状、今のチームに何を求められているのか。『こういう選手っていないよな……』とか。それを考えていこう」。イースタン・リーグで打率.301の好成績を残しながら、昨季はプロ入り初めて一軍出場なし。当時の三浦二軍監督は常に寄り添い、伸び悩む有望株に助言を送った。

「勝つために適切な行動ができるかが大事。進塁打だったり、バントだったり、自分自身が進塁したり。試合の中で必要とされることを、その瞬間にできる選手でありたいと思います」。個人成績を伸ばすだけでなく、いかに勝利へつながる自己犠牲ができるか。神里和毅細川成也桑原将志らライバルが大勢いても「レギュラーを取るために頑張る。毎年、それは変わらないことなので」と前を向いた。DeNA誕生10周年のメモリアル。満を持して才能開花の予感だ。
写真=井田新輔

関連情報

週べ・オーロラビジョン

週刊ベースボール各球団担当による、選手にまつわる読み物。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング