週刊ベースボールONLINE

オーロラビジョン

ヤクルト・長谷川宙輝 新球習得でリリーフエースだ!/レベルアップ宣言

 

背番号53を背負う長谷川


 ポジションを確固たるものとすべく、勝負の年となる。ソフトバンクの育成から移籍2年目の左腕、長谷川宙輝はさらなる成長を目指し、「自分の課題と向き合って、自分の長所を生かすためにデータを見たり、改善に取り組んできました」としっかり己と向き合ってきた。

 昨季は、シーズンを通して一軍に帯同し、救援として44試合に登板し1勝2敗7ホールド、防御率5.82。「一軍にいる楽しさとか、苦しさを全部経験できたのは(今年に)つながると思いましたけど、成績だけ見たら、ちょっと恥ずかしい」。デビューしただけでは決して満足しない。貪欲に高みを目指している。

 武器は何といっても、力強い直球だ。昨年、自己最速を1キロ更新して154キロに。日本人左腕では菊池雄星(マリナーズ)が西武時代に記録した158キロがNPB最速で「そこが目標ではないですけど、超えられたら」と意欲を燃やす。だが、ただ速ければいいというものではない。「いかに打者が嫌がるかどうかというのを考えてやっています。荒れ球を生かせれば」と自身の直球の特徴を生かしていく。

 オフから、新球の習得にも励んでいる。フォークボールだ。昨季途中から投げていたが、本格的に採用。「決め球というのを重視して取り組みました」。荒れ気味の直球に鋭く落ちる変化球があれば、投球の幅も広がる。

 今季から、背番号53をつける。日米通算906試合に登板した五十嵐亮太が昨季まで背負っていた番号で「重圧ではありますけど、それをはね返せるような投球ができたら」と長谷川。今春の沖縄・浦添キャンプでは初日からいきなり111球を投げるなど、必死にレベルアップに励んでいる。

写真=BBM

関連情報

週べ・オーロラビジョン

週刊ベースボール各球団担当による、選手にまつわる読み物。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング