週刊ベースボールONLINE

オーロラビジョン

西武・森友哉 天才的な打撃が復活。MVP男の“汚名返上劇”を見逃すな!/待ち遠しかった開幕

 

開幕カードで2本塁打と好スタートを切った森


 間違いなく、昨季チームで一番悔しい思いをしたのは、ほかでもない、森友哉だろう。2019年、正捕手として135試合に出場し、自身キャリア最多の23本塁打、105打点、打率.329の大活躍で首位打者を獲得。パ・リーグのMVPに輝いた男が、昨季は9本塁打、38打点、打率.251と大失速したのである。その打撃不振が影響し、「打撃と守備は別」と切り替えられていたはずが、守備面でも精彩を欠き、攻守にわたって苦悩に満ちたシーズンを過ごした。言わずもがな、今季のリベンジへの思いは並々ならぬものがある。

 思いの強さは、オープン戦からしっかりと結果で証明してきた。全14試合に出場し、打率.359。昨季、「ここまでわけが分からんくなるとは」と開幕からシーズン通して修正できなかった打撃の感覚を取り戻した。森の真骨頂であるフルスイングも完全復活。3月12日の阪神戦(甲子園)では、高校時代バッテリーを組んでいた1年先輩・藤浪晋太郎との対戦が注目される中、第1打席で左越え二適時打を放ち千両役者ぶりを発揮した。

 守備面でも、キャンプ中は牧野翔矢中熊大智の一軍未出場組とともに基礎練習に取り組む時間も多く、あらためて基本技術を磨いた。また、実戦では、盗塁阻止も目立ち、送球の安定感が増した印象もある。本格的に正捕手となって4年目。グラウンド上の監督として、何事にも動じず、揺るぎなき信頼感を勝ち取りたい。

 3月26日、オリックスとの開幕戦(メットライフ)では3回、一死走者なしで山本由伸が投じたカットボールを右翼席へ今季第1号本塁打。ヒザ下に鋭く食い込む1球を巧みにさばいた一発だったが、辻発彦監督も「天才的」と驚嘆した。28日の同カードでも初回一死二塁で山岡泰輔の内角高め145キロ直球を振り抜くと、打球は右翼席へ飛び込んだ。辻監督は再び「難しいところを打つのが得意なバッターだ」と、その打撃をほめ称えた。

 甲子園優勝、2年連続オールスターMVP獲得など、舞台が大きくなればなるほど、期待が高まれば高まるほど輝きを放つのが森友哉という男だ。自身、そしてチームの雪辱を固く誓う背番号「10」の“汚名返上劇”はすでに始まっている。

写真=BBM

関連情報

関連キーワード検索

週べ・オーロラビジョン

週刊ベースボール各球団担当による、選手にまつわる読み物。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング