週刊ベースボールONLINE

オーロラビジョン

DeNA・京山将弥 成長著しい5年目右腕が開幕2戦目の先発へ/待ち遠しかった開幕

 

レベルアップした姿をマウンド上で結果につなげたい


 仕上がり具合は群を抜いている。先発陣の駒不足が課題となっているチームで、5年目の京山将弥が覚醒の空気を醸し出している。

 3月19日の西武戦(メットライフ)は2番手での登板となったが、4回を2安打無失点。これで今季は沖縄キャンプの練習試合を含めた対外試合で計15イニングを投げ、1点も取られていないことになった。

 先発した5日のオリックス戦(横浜)は4回3安打無失点。球界屈指の好投手、山本由伸との同級生対決を制した格好となった。毎回走者を背負い、4回には一ゴロを処理したドラフト2位ルーキー・牧秀悟とベースカバーでお見合いするミスも出た。流れが傾きそうな窮地で「牧が(ベースに)戻ると決めつけた自分のミスです。自分がカバーする」とギアをチェンジ。ジョーンズをオール直球で3球三振に仕留め、モヤからも149キロで空振り三振を奪ってみせた。

 心技体でのたくましさを見せ、三浦大輔監督も「開幕先発ローテーションに十分入るだけのものを見せている」と太鼓判。開幕ローテ入りを自らの右腕で引き寄せ、巨人との開幕カード第2戦目のマウンドを託された。京山は開幕3戦目までに先発した経験が2度ある。2018年は直前に故障者が続出した影響で1週間前にデビューが決まり、ヤクルト相手に初勝利。そのまま登板3連勝を飾りシンデレラボーイとなった。

 19年は同じくけが人の穴埋めで起用されたが、振るわずシーズン0勝に終わった。「結果を出してアピールするだけ」。3度目は違う。成長著しい堂々の投球でチームに勝利を届ける。

写真=井田新輔

関連情報

関連キーワード検索

週べ・オーロラビジョン

週刊ベースボール各球団担当による、選手にまつわる読み物。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング