週刊ベースボールONLINE

オーロラビジョン

「開幕だけじゃなく」ロッテ・藤岡裕大、勇気を与える存在感/生え抜きの輝き

 

4年目を迎えるロッテ藤岡裕大。定位置再奪取へ思いは熱い


 巨人とのオープン戦(東京ドーム)が行われた3月19日。途中出場した藤岡裕大は左翼手の前に落ちそうな後方への飛球に、猛スピードで頭から突っ込んだ。魂がこもった超ファインプレーだ。

「開幕だけじゃなく、一年間とおしてレギュラーとしてやっていきたいっていう思いがあるので……」

 プロ入り1年目から遊撃手のレギュラーとして活躍してきたが、28歳となるプロ4年目の今季も、2月の石垣島キャンプから連日、グラウンドで動き回っていた。

 朝8時を過ぎると、メーン球場には新キャプテンに就任した中村奨吾と二人の姿があった。ほかの選手たちが芝生の上でアップをしている間に、二遊間を組むコンビで、森脇浩司野手総合兼内野守備コーチのノックを受けた。その姿は、まるで若手のようだった。

 昨季は106試合に出場し、打率.229という成績は決して、胸を張れるものではなかった。ドラフトでは3位で国学院大から好守の小川龍成を指名し、オフには現役メジャー・リーガーのエチェバリアを獲得。昨秋、右ヒジ手術を受けた平沢大河も元気に復帰している。

 新外国人の助っ人は来日したばかりで、一軍合流はまだ先だが、遊撃争いはシーズンを通じて繰り広げられることになる。そんな現実も、藤岡は「毎年一緒のような感じだと思います」と真っ正面から受け止める。

 安田尚憲藤原恭大山口航輝ら、若返りが加速していく中で、中村奨とともにチームを引っ張っていく立場となった。気迫のこもったプレーは、自身の存在感を示すと同時に、チームにも勇気を与えていく。

写真=BBM

関連情報

週べ・オーロラビジョン

週刊ベースボール各球団担当による、選手にまつわる読み物。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング