週刊ベースボールONLINE

オーロラビジョン

ヤクルト・塩見泰隆 強い決意が結果につながる/スタートダッシュに成功

 

4月14日のDeNA戦で、逆転の2ランを放つ塩見


 今年こそは、ポジションを確立しなければならない。4年目を迎えた外野手、塩見泰隆が開幕から好調だ。17試合が終了した4月15日時点で、全試合に出場して打率.347、2本塁打、11打点。「まだまだアピールして、レギュラーを獲れるようにしたい」と鼻息は荒い。

 高い身体能力を持ち大きな期待を懸けられながら、故障が続いて定位置をつかめていない。今オフは、青木宣親の自主トレーニングに同行。ともに参加した村上宗隆が新型コロナウイルスの陽性と判定され、自身は濃厚接触者となって練習は限られたが、“青木の教え”を貪欲に吸収した。

 「体の使い方やレーニングの仕方も教わって、それがプラスになっていると思う」。体幹の強化やヨガにストレッチ。自身がウイークポイントと口にする臀部のトレーニングも継続して行っている。

 さらに、打撃では内川聖一川端慎吾らに助言を仰いだ。川端からは「コンパクトに打ったら絶対に打てる」と声を掛けられ「ボールが見えるし、変化球も直球にも対応できるようになった」と効果を実感。いずれも、首位打者のタイトルを獲得したバットマンたち。貴重な知識を、己のものにしようとしている。

 3月31日に西田明央が新型コロナウイルスの陽性と判定され、3選手が濃厚接触者として一時自宅待機となった。チームにとっては非常事態だったが、塩見にとっては受けた教えを生かし、結果を残す絶好の機会となった。4月14日のDeNA戦(神宮)では、2点を追う3回に、村上の犠飛で1点を返したあと、逆転の2ランを放っている。「勝負の世界なので、強い気持ちを持ってやりたい」と決意を口にする背番号9が、開幕ダッシュをしてみせた。

写真=榎本郁也
週べ・オーロラビジョン

週べ・オーロラビジョン

週刊ベースボール各球団担当による、選手にまつわる読み物。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング