週刊ベースボールONLINE

オーロラビジョン

ソフトバンク・千賀滉大 エースを襲った悲劇。オリンピックにも影響及ぼす痛過ぎる離脱/“春の誤算”喜怒哀楽

 

球場が騒然となった千賀のアクシデント。やはり重傷だった……


 両チームのファンが凍り付いた。4月6日、札幌ドームでの日本ハム戦。両ふくらはぎの不調で出遅れた千賀滉大は今季初登板で先発マウンドに上がっていた。無失点のまま迎えた6回、渡邉諒の投手強襲ライナーを捕球した際に左足首をひねって転倒。自力では歩けず担架で運ばれ、そのまま降板し病院送りとなった。

 スロー映像では左足首が外側、明らかに可動域を超えて曲がってしまった様子が見て取れた。診断結果は捻挫。出場選手登録抹消となった翌7日、工藤公康監督は「折れていたりすると(復帰まで)長くなってしまうけど、捻挫という診断なので」と不幸中の幸いに胸をなで下ろしたが、それも束の間、9日の再診でじん帯損傷が判明。全治は2〜3カ月、前半戦が絶望視される状況になった。

 東浜巨も右肩不調で出遅れ、実戦復帰した二軍戦で左足首に打球を受け緊急降板したばかり(大事には至らず、すでに二軍戦に登板)。先発ローテの計算は、また振り出しに戻った。巨人菅野智之オリックス山本由伸と並ぶ国内屈指の投手として、稲葉ジャパンの先発の柱にも数えられる存在。このワンプレーで、東京五輪出場も厳しくなった。個人としても2022年に見込まれていた海外FA権取得に影を落とす出来事。ギプスをはめ、松葉づえの姿が痛々しい。

「誰かさんがいなくなりましたからね。しょうがないですけど」。工藤監督もローテ再々編に苦笑いだった。もはやチームへの影響云々を語るまでもない。誰もが耐える時期を自覚し、沈むことなく夏場までたどり着いて千賀を待つ――。そんな道中を思い描いて一つになった。

写真=榎本郁也
週べ・オーロラビジョン

週べ・オーロラビジョン

週刊ベースボール各球団担当による、選手にまつわる読み物。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング