週刊ベースボールONLINE

オーロラビジョン

巨人・亀井善行外野手 「最後に出たときはサヨナラとかを打ちたいですね」と頼もしい球団最年長のいぶし銀/ひと振りに懸ける

 

開幕戦で“史上初”のサヨナラ弾を放った巨人亀井善行


 代打の切り札にとって、これ以上ない見せ場だった。3月26日のDeNAとの開幕戦(東京ドーム)。9回先頭、代打で登場した亀井善行は右翼席中段へのサヨナラ弾で試合を決めた。開幕戦のサヨナラ本塁打は球団史上初、これに「代打」のおまけがつくと、プロ野球史上初という歴史に名を刻む一発となり、「完ぺきでした。めっちゃうれしい。準備だけは怠らずやっていたので、なんとか打てて良かったです」と笑顔を見せた。

 2点リードの9回に同点に追いつかれた直後のシーン。重苦しいムードに包まれる中、DeNA・三嶋一輝の3球目、カウント1ボール1ストライクからのファーストスイングでスライダーをとらえた。オフに重点的に取り組んだ筋力トレーニングの成果がいきなり表れた一発。打席に入る前は三嶋の投球練習を観察し、「ストライクが入っていなかったから、1ストライクまでは見ようと思った」。プランどおりに決める仕事ぶりは、近年の代打稼業で積んできた豊富な経験に裏打ちされたものだ。

「最近のクローザーはボールがものすごく速くて、質も変わっている。毎日試合に出るわけじゃないので難しいところもあるけど、最後に出たときはサヨナラとかを打ちたいですね」

 6月5日の日本ハム戦(東京ドーム)では先発で起用され、球団最年長の38歳10カ月で通算100号を達成。いぶし銀の背番号9が、まだまだチームを支えていく。

写真=BBM

関連情報

週べ・オーロラビジョン

週刊ベースボール各球団担当による、選手にまつわる読み物。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング