週刊ベースボールONLINE

オーロラビジョン

DeNA・大和 葛藤もある!? 試合を決めるチーム最年長のバット/ひと振りに懸ける

 

今季は八番に座り、無類の勝負強さを発揮する


 敬遠が得策だったかもしれない。6月6日のロッテ戦(横浜)は3対3で9回の攻撃を迎え、二死二塁の場面で八番・大和に打席が回った。チーム最年長33歳のベテランは、シーズン打率は2割台前半ながらも交流戦に入って絶好調にある。ロッテ守護神である益田直也の2球目のストレートを思い切りよく振り抜き、前進守備の左翼を越すサヨナラ打とした。

 これが交流戦12試合を終えてチーム最多の12打点目。お立ち台では珍しく冗舌で「最近ちょっと得点圏で打ち過ぎているので。回ってくるなという自分と、回ってこいという自分との葛藤でした」と笑顔。恒例になりつつある、ベンチでの田代富雄チーフ打撃コーチとの掛け合いは「今日は『決めてくれ』と言われた」と明かした。

 阪神在籍時は小技の効く打者とのイメージを持たれていたが、ベイスターズ移籍後はラミレス前監督の起用法も相まってクラッチヒッターの資質が開化。2019年の交流戦では3日間で2度のサヨナラ打という離れ業を記録している。通算4本目のサヨナラ打で、今季の得点圏打率は.464に上昇。ベテランの活躍でチームの借金も徐々に減ってきた。

 大和のプロ初のサヨナラ打は阪神時代の13年6月29日。故郷の鹿児島県鹿屋市から両親を含む大応援団がフェリーで甲子園に駆け付けた一戦で、9回に3安打目を放って決めている。守備職人が隠し持つ、ここ一番での勝負強さをパ・リーグ球団はもっと警戒すべきだった。

写真=大賀章好
週べ・オーロラビジョン

週べ・オーロラビジョン

週刊ベースボール各球団担当による、選手にまつわる読み物。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング