週刊ベースボールONLINE

侍ジャパン・東京五輪の試合日程・速報はこちら

オーロラビジョン

「絶対、グラウンドに戻るんだ」復活を遂げたオリックス・伏見寅威/チームを支える扇の要

 

左アキレス腱断裂の大ケガを乗り越え、復活を果たしたオリックス伏見寅威


 オリックスの元気印・伏見寅威がマスクを被って戻ってきた。

 2019年6月18日巨人戦(東京ドーム)で左アキレス腱断裂の大ケガを負った。自力で立ち上がれず、顔をしかめるしかできなかった。リハビリ生活は壮絶。孤独との戦いだった。

「野球できるの、いいなあ……」

 画面越しに仲間の躍動を見た。リハビリ中には「忘れたくても、一生、忘れられない。また野球、できるのかな……って。毎日、不安だった」と語ったこともある。

「絶対、グラウンドに戻るんだ……」

 その一心でリハビリ生活を送った。左足首に残る傷痕も、今や勲章になった。

 いつも響く声には、深い意味がある。ベンチでも、練習前のアップ中でも、最前列で思い切り声を出す。

「一軍の試合に出始めたときからです。あのころの気持ちを忘れてはいけないので」

 今年31歳を迎えても、着飾らない。ありのままに生きる。

「若手に『寅威さんが元気出してるから自分も』と思ってもらえたらいいなって。自分ではあのころの継続だけど、その意味合いが変わってきましたね」

 伏見の心がけが、チームの大きな前進につながる。行動1つに意味がある。伏見の言動には、いつも愛がある。

 今季はエース・山本由伸、19歳左腕・宮城大弥らと主にバッテリーを組む。試合前には、綿密に配球などの打ち合わせを行い「疑問を感じることなく、ミットを目掛けて投げてもらえるようにしたい」と、共同作業で相手打者を封じる。チームは上位争いを演じる。

 若手投手の多いオリックスには、頼れる扇の要がいる。

写真=BBM

関連情報

週べ・オーロラビジョン

週刊ベースボール各球団担当による、選手にまつわる読み物。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング