週刊ベースボールONLINE

オーロラビジョン

阪神 梅野隆太郎 「この節目に優勝したい」攻守の要として頼りになる存在/チームを支える扇の要

 

日本を代表する捕手に成長し攻守で阪神を支える梅野。何としても優勝を、の気持ちも強い


 首位争いを支える梅野隆太郎の評価が年々高まっている。広島會澤翼の辞退によって、東京五輪の代表メンバーにも選出された。

 稲葉篤紀監督が「守備面の安定感とともに打撃、走塁でも期待している」と説明したように攻守で阪神をけん引している。

「まだ優勝の経験がないので、そこに向かって突き進んでいきたいと思います。この節目に優勝したいです」

 5月にはFA権を取得し、6月17日には30歳になった。自ら「節目」といったように、プロ8年目のケジメをつける。

 もともと「打てる捕手」として定評があった。5月は5割超えの得点圏打率を維持し続けるなど勝負強さを発揮した。

 6月の月間打率は.219と低調だったが、7月に入ってからは上昇し、攻守に頼もしい存在になっている。

 捕手としてワンバウンド捕球の堅実さ、インサイドワークのレベルアップは、先発ピッチャーのイニング数にも好影響を及ぼしているのは確実だ。

「自分たちの野球のスタイルを崩さないゲームをしていきたい。守り勝つ野球は大事だと思っていますので」

 7月6日ヤクルト戦(神宮)から打順も今季初の「六番」に繰り上がった。そして青柳晃洋の8勝目をアシストした。

 梅野の貢献度は数字以上だ。日本を代表するキャッチャーに育った証しとして、チームを16年ぶり優勝にリードするつもりだ。

写真=BBM
週べ・オーロラビジョン

週べ・オーロラビジョン

週刊ベースボール各球団担当による、選手にまつわる読み物。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング