週刊ベースボールONLINE

オーロラビジョン

ソフトバンク・C.レイ あとアウト4つ。相棒との共同作業で見せた快投/前半戦ベストゲーム

 

今季チーム初、自身にとっても初めてとなる完封勝利を飾ったレイ


 前半戦の中でも指折りの快勝劇だった。7月12日の楽天戦(PayPayドーム)。新外国人のC.レイがチーム86試合目でのチーム初完封。打線も早々に援護し、8対0と危なげないゲーム展開となった。135球を投げ抜いた助っ人は「人生初めての完封なのでうれしい」と日米通じて自身初の完封劇をかみしめた。

「自分としても達成したかった」。見事な完封でもわずかに悔いが残ったのは、残りアウト4つまで迫ったノーヒットノーランだった。序盤から快投を続け、6回のマウンドに上がる際、スコアボードを見て意識した。8回二死から際どい判定もあり、田中貴也に四球。代打・炭谷銀仁朗にしぶとく右前に運ばれ、偉業への道は途絶えた。それでも気持ちを切らすことなく、「自分が投げる試合は最後まで投げたい」と9回も続投を志願し、6連戦中のブルペン陣を休ませた。

 バッテリーでの共同作業が快投を呼び込んだ。「彼なしでは、今日みたいな投球はできない。1試合のために、どれだけ時間を費やし勉強しているか」と相棒の甲斐拓也をたたえた。序盤は直球を軸に攻めたてたが、2巡目に入り、甲斐から「真っすぐが狙われている」と指摘された。そこから変化球を巧みに操り、楽天打線の狙い球を外すことに成功したのだ。

 一軍デビューは交流戦となったが、そこから3つの白星を重ねた。日本ハムから移籍したN.マルティネスがチームトップの7勝。本来先発陣の柱となるべく千賀滉大東浜巨が出遅れた中、助っ人2投手の活躍なくしては5割ターンもできなかっただろう。後半戦の巻き返しにも絶対に欠かせない。

写真=湯浅芳昭
週べ・オーロラビジョン

週べ・オーロラビジョン

週刊ベースボール各球団担当による、選手にまつわる読み物。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング