週刊ベースボールONLINE

オーロラビジョン

中日・渡辺勝 一本足打法の救世主/後半戦のキーマン

 


 深刻な得点力不足に陥る中、中日は新たな戦力が出てくるか否かがチームの命運を握る。そして迎えた8月17日の広島戦(バンテリン)。与田監督が「二番・左翼」で今季初めてスタメンに書き込んだのは、6年目の渡辺だった。

 2点リードで迎えた8回。ケムナ誠の直球だった。高く上げた右足が着地すると、振り下ろしたバットが白球をとらえる。舞い上がった打球は右翼席へ吸い込まれた。代名詞でもある「一本足打法」で放ったプロ第1号。

「球場が広いので無事に入って良かった」。1打席目には森下暢仁から先制適時打も放っていた。連敗ストップに大きく貢献し笑顔を見せた。

 一本足打法との出会いは中学3年生。同じ団地に住んでいたセ・リーグ事務局長を務めた渋沢良一さんが紹介してくれたのが荒川博さんだった。ソフトバンク王貞治会長と二人三脚で打撃をつくりあげた名伯楽。身ぶり手ぶりの指導を受け、言われるがままに渡辺はバットを振った。

「足を上げてポイントを前にして打ったら、ボールは飛ぶし、何だろうと思った」。世界が一変した。そこから週2、3回ほど荒川道場に通った。荒川さんは「将来プロに入ると思ったよ。バットを振るキレ味が良かった」と語っている。

 その師匠は2016年に86歳でこの世を去った。渡辺は「(1号は)『遅いよ』って言うでしょうね」としみじみと語る。その荒川さんは渡辺のプロ入りにあたり、残している言葉がある。「僕は22歳のときの王も見てるけど、見劣りしないよ」。恩返しは始まったばかりだ。

写真=BBM

関連情報

週べ・オーロラビジョン

週刊ベースボール各球団担当による、選手にまつわる読み物。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング