週刊ベースボールONLINE

オーロラビジョン

「忘れ物」を取りに行く オリックス・T−岡田/あの悔しさを胸に

 

オリックス・T−岡田


 負傷離脱の悔しさを胸に、シーズン最後まで走り抜ける。T-岡田は8月21日に死球を受けた影響もあり、翌22日は試合途中で病院に向かった。右太もも裏の軽度筋損傷と診断された23日に出場選手登録を抹消。シーズン途中に主砲を欠くチームは、上位争いの波に乗れずにいた。

 大阪・舞洲でのリハビリ生活で必死に汗をかき、9月9日ロッテ戦(ほっと神戸)から緊急昇格。7年前に残した「忘れ物」を取りに行く決意がある。

 2014年10月2日のソフトバンク戦(ヤフオクドーム)、打球を見ずに、一塁手のT―岡田はヒザから崩れ落ちた。壮絶な首位争いを繰り広げ、勝てば優勝のチャンスが近づく一戦。延長10回、七番手・比嘉幹貴松田宣浩に左中間を破られると、力が入らなかった。三塁側ベンチに引き揚げたが、重い腰が上がらない。同学年の安達と顔をバスタオルで覆い、悔しさをかみ殺した。

 あれから7年。ベテランの域に入った。「アカンかったら、また練習するしかない」と毎朝の早出練習。「体がボロボロになるまでやっていきたい。まだまだこんなもんじゃない」。プロ16年目。心に余裕も生まれてきた。

「あのとき(14年)は正直、自分のことで精いっぱい。精神的にも体力的にもバテバテ。僕個人的には14年より今年のほうが……」

 苦い記憶を、歓喜に塗り替えて見せる。

 9月28日のロッテ戦(ZOZOマリン)では石川歩から右翼席へ逆転の14号3ラン。NPB史上111人目の通算200号は、球団では1997年の藤井康雄以来、史上7人目。ファンの喜ぶ顔のため、まだまだ積み重ねる。

写真=BBM

関連情報

週べ・オーロラビジョン

週刊ベースボール各球団担当による、選手にまつわる読み物。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング