週刊ベースボールONLINE

オーロラビジョン

ソフトバンク・牧原大成 万能プレーヤーが魅せる胸熱な気迫プレー/ユーティリティーの極意

 

内野手ながら外野守備も抜群にこなす牧原


 工藤ホークスの象徴的なユーティリティープレーヤーだ。10月9日のオリックス戦(PayPayドーム)。8回二死一塁の守備で若月健矢が放った中越えの打球を、俊足を飛ばし追った中堅手の牧原大成がダイビングキャッチを試みた。だがグラブに惜しくも届かず、勢いのままフェンスに激突。倒れた間に打球は転々とし、若月は一気に生還した。プレー中断後も牧原大は立ち上がれず、担架でベンチ裏へ運ばれ交代となったが、身体能力と気迫が生んだプレーにナインとファンの胸を熱くした。

 超ファインプレーにこそならなかったが、俊足による守備範囲の広さとセンスを持つ外野守備力はチームでもトップクラスだ。本職は二塁。にもかかわらず今季も外野では中堅、左翼、右翼、内野でも遊撃、二塁、三塁と計6ポジションで試合出場している。就任から昨季までの6年間で5度の日本一を達成した工藤公康監督にとって、万能過ぎるほど万能なプレーヤーの1人と言っていい。指揮官は、就任直後から選手のユーティリー性を重要視。「7、8、9回の攻撃と守りが大事になる」との考えから、就任1年目の春季キャンプから、特に若手選手には複数ポジションの練習を課した。

 その目玉が、牧原大だった。2015年の春季キャンプで、工藤監督の指示の下、外野守備の練習に着手。前年まで一軍出場は通算22試合しかなかったが、可能性を広げ15年には外野だけで36試合に出場した。指揮官は今季限りでの退団が確実となっているが、牧原大は今、チームに必要不可欠な存在となっている。

写真=湯浅芳昭
週べ・オーロラビジョン

週べ・オーロラビジョン

週刊ベースボール各球団担当による、選手にまつわる読み物。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング