週刊ベースボールONLINE

オーロラビジョン

日本ハム・上沢直之 1億円突破で妻との約束果たす/どうなる!? 契約更改

 

今季はメジャーに移籍した有原航平の後を受け、チームの大黒柱にふさわしい投球だった


 ついに、あの約束を果たすときが訪れそうだ。上沢直之は10年目の今季、キャリアハイの12勝を挙げ、防御率2.1も初めての2点台、投球イニング数は160回1/3をマークした。3つの部門はいずれもリーグ3位の数字。チームの勝利を最優先に考える右腕にとって、5位に終わったチーム順位は不本意だろうが、エースとしての奮闘ぶりは周囲が認めるところでもある。

 今季の推定年俸は8500万円。昇給は確実とみられ、1億円突破も有力だろう。大台を突破したら………2017年オフに結婚した妻との約束があるという。1年前の契約更改後の会見で上沢は次のように語っていた。「毎年、1億に届いたらプレゼントを買ってあげるよって言っている。なんとか来年は届けられるように頑張りたいなとは思っています」。

 結婚当初から、そんなやり取りがあったそうだが、不慮の大ケガもあり、1億円に届かないシーズンが続いていた。19年シーズン途中に打球直撃で負った左ヒザ骨折から復活した昨季は8勝を挙げ、大台まで1500万円まで迫り、自らを鼓舞するように「そろそろやらなきゃいけない年齢だし、やらなきゃなと思います。お世話になった分、目標を達成して恩返しするほうが気持ちいい。今年の成績じゃまだダメなので頑張ります、来年は」と、21年シーズンはフル回転での大躍進を誓っていた。

 今季は有言実行の仕事ぶりで、大台にふさわしい数字を残したのではないだろうか。1億円プレーヤーになって4年来の約束を果たすことができるのか。注目が集まる。

写真=宮原和也

関連情報

週べ・オーロラビジョン

週刊ベースボール各球団担当による、選手にまつわる読み物。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング