週刊ベースボールONLINE

オーロラビジョン

リベンジに燃える オリックス・山本由伸/いざ、開幕投手へ!

 


 絶対的エースが暗黒史にピリオドを打つ。チームは2012年から開幕戦で10連敗中。昨季、沢村賞に輝いた山本由伸が、開幕連敗記録ストップに照準を合わせている。

 年始からトレーニングを積んでいる23歳は「今年の目標は日本一ですね。昨年(日本シリーズで)、最後に負けたので、次は勝ちたいです」と高みを目指す。リーグ連覇&日本一を目標に掲げるため、開幕戦で白星スタートを切り、22年シーズンを好発進したいところだ。

 昨季18勝5敗、防御率1.39、206三振を奪い、NPB史上8人目の投手5冠を達成したが「昨年の自分より良い成績を出したい」と慢心はない。昨夏は東京五輪金メダル獲得にも貢献。11月末までグラウンドに立ち続けた。疲労感については「多分、大丈夫。メディカルチェックの結果も良かった。不安なところはなく、しっかり練習できています」と問題はない様子だ。

 山本が2年連続での大役を任されることが濃厚だが、開幕投手の座を争う筆頭候補には、昨季新人王を獲得した20歳左腕の宮城大弥の名が挙がる。宮城の今季の目標が、1項目でも山本の数字を超すことだと知ると「僕のほうが2倍練習しているんで、無理です!」と即座に笑顔でジョークを飛ばすなど、後輩をかわいがっている。

 昨季は勝ち星、防御率、勝率でリーグ1、2位を飾った山本と宮城。エース右腕は「チームが良い順位に行くのが一番。お互いに結果が出るのが良い」と、宮城との切磋琢磨を誓った。

写真=BBM
週べ・オーロラビジョン

週べ・オーロラビジョン

週刊ベースボール各球団担当による、選手にまつわる読み物。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング