週刊ベースボールONLINE

オーロラビジョン

ロッテ・マーティン チーム思いの助っ人がプランを描くも……/本領発揮はこれからだ!

 


 佐々木朗希が4月10日のオリックス戦(ZOZOマリン)で完全試合を達成すると、満面の笑顔でマーティンは20歳の怪物右腕に抱きついた。歴史的快挙を自分のことのように喜んだ姿こそ、来日4年目の人柄を表している。

 しかし、そんな大砲の打棒は不振を極めていた。開幕5試合目のソフトバンク戦(ZOZOマリン)でようやく今季初安打をマークしたが、その後も調子は上がらない。

 今季初アーチが飛び出したのは開幕から11試合目、4月8日のオリックス戦(ZOZOマリン)だった。0対0の7回に山岡泰輔から右翼席へ先制2ラン。開幕から46打席もかかったのだ。

「ホームランが出なかったというよりも、最初のヒットが出るのに時間がかかったので、そっちのほうが心配だった。ただ、シーズンは長い。1日ずつ、大事にやっていくだけ」

 ただ、その後もバットは湿った状態が続く。チームは4月14日から5連敗。球団ワーストタイとなる3試合連続零封負けも喫し、19、20日の西武2連戦(ベルーナ)は、いずれも打線が1安打と沈黙した。5連敗の期間中、マーティンは18打数無安打。

「毎打席、自分のプランをもって臨んでいる。そのプランがうまくいかないときもある」

 皮肉にも、連敗脱出となった22日のオリックス戦(京セラドーム)はスタメンから外れた。

 2年連続リーグ2位で今季は優勝候補に挙がるが、過去2年間で計52本塁打をマークした助っ人の爆発なくして、チームの浮上は考えられない。“朗希フィーバー”に沸くが、喜んでばかりいるわけにはいかない。井口資仁監督も「心配ですね」と、一日も早い復調を待っている。

写真=BBM
週べ・オーロラビジョン

週べ・オーロラビジョン

週刊ベースボール各球団担当による、選手にまつわる読み物。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング