週刊ベースボールONLINE

オーロラビジョン

中日・岡林勇希 スピードのある一番打者へ/足で魅せる!

 


 節目の20盗塁は価値ある場面で敢行した。9月9日の巨人戦(東京ドーム)。1点リードの9回に絶対的守護神のR.マルティネスが丸佳浩に同点弾を浴びて迎えた延長10回表の攻撃。先頭は岡林勇希だった。

 巨人の抑え大勢から四球を選ぶと、続く三好大倫の2球目だった。「行けると思ったので必死に走りました」。アウトが許されない場面でスタートを切ると、二塁を陥れてチャンスを拡大。その後、三塁まで進むと阿部寿樹のスクイズで勝ち越しのホームをもぎとった。

 立浪和義監督も「最近盗塁も増えている。今年これで20個目ですよね。大事なところで走れるようになってきた。まだまだ伸びしろはあると思う。きょうはよく走ってくれた」と目を細めた。

 翌10日も足で魅せた。2点リードの8回に先頭で打席に立つと、捉えた打球が右翼線を破る。岡林は一気に三塁へ。「行けると思ったし、行くしかないと思っていきました」。今季9本目の三塁打で好機を演出すると、ビシエドの適時打で貴重な追加点となるホームを駆け抜けた。

 オープン戦は成功3で盗塁死は12球団最多の6だった。「スタートの無駄な動きがなくなってはきましたが、もっと無駄な動きをなくしたい。スライディングはスピードを落とさずいきたい。練習です」と話していたのは半年前のことだった。

 開幕してからも本拠地の練習の最後は荒木雅博コーチとマンツーマンで走塁練習するのが日課だった。もともとの足の速さに判断力や技術力が身に付いてきた。後半戦は一番に定着。スピードスターになるための準備は着実に整いつつある。

写真=BBM
週べ・オーロラビジョン

週べ・オーロラビジョン

週刊ベースボール各球団担当による、選手にまつわる読み物。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング