週刊ベースボールONLINE

Weekly Topic

ソフトバンク 釜元豪、地元・長崎で光った足攻

 


 故郷の空気と歓声を浴び、懸命に走った。3月14日、巨人とのオープン戦(長崎)に「七番・中堅」でスタメン出場した釜元豪外野手の第3打席。巨人のルーキー左腕・池田の6球目だった。鋭いスイングでスライダーをとらえると、打球は一気に右中間へ。それを確認すると釜元は、迷うことなく二塁を蹴り、三塁に達した。釜元のスピードに球場が大いに沸く。

 爪痕を残すという強い姿勢が表れていた。無死一塁の第2打席、投ゴロに倒れると、ランナーが入れ替わる形で一塁に。警戒する巨人バッテリーに臆することなくスタートを切り、二塁を陥れた。「貪欲に結果を求めたい」。釜元にとって、大きな自信につながった原点での盗塁・一打だった。

関連情報

関連キーワード検索

WEEKLY TOPIC

週刊ベースボール各球団担当がピックアップする注目ニュース。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング