週刊ベースボールONLINE

Weekly Topic

ヤクルト カラシティー、守護神候補へ名乗り

 

 2月1日のキャンプインを前に、外国人選手たちが続々と来日している。1月24日、成田空港に到着したマット・カラシティー投手は「クローザーのポジションを取りにいく。目標は40セーブ」と早くも大きな目標を掲げた。

 抑えとしても適性があると自認する。「僕は精神力もあるし、三振が取れるフォークボールもある」と右腕は胸を張った。球団の最多セーブ記録は2015年にバーネットが樹立した41セーブだが、この記録の更新にも意欲を示している。昨季は秋吉の故障離脱により混乱し、代役を務めたルーキもチームを去った。「シティーと呼んで」と笑顔を見せる新助っ人が、最終回のマウンドで仁王立ちを見せるか。

関連情報

関連キーワード検索

WEEKLY TOPIC

週刊ベースボール各球団担当がピックアップする注目ニュース。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング