週刊ベースボールONLINE

Weekly Topic

阪神 才木浩人 崖っぷちから残った

 


 何度も同じ失敗を繰り返し、先発ローテから外される可能性があった才木浩人投手。金本監督から「ラストチャンス」と明言され8月22日の中日戦(ナゴヤドーム)の先発マウンドに上がった。

「気にせず、自分の納得いく投球がしたかった。絶対に抑える気持ちでいました」と気持ちを込めて1球1球を投じるも、初回に3連打を浴び1失点と、これまでと同じ繰り返しとなりかけた。しかしここから踏ん張り四番・ビシエド、五番・アルモンテから連続三振を奪い、この回を無失点に抑えた。結局7回5安打9奪三振2失点と自己最長イニングを投げ、4勝目を挙げた。金本監督も「ほめてあげたい」と頬を緩めていた。

関連情報

関連キーワード検索

WEEKLY TOPIC

週刊ベースボール各球団担当がピックアップする注目ニュース。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング