週刊ベースボールONLINE

Weekly Topic

ソフトバンク 攝津正が笑顔で引退を報告

 


 マウンドでの険しい表情とは違い、とても晴れやかだった。昨季限りで自由契約となった攝津正投手が現役引退を決断。1月8日にヤフオクドームで会見を開いた。

 最優秀中継ぎと新人王に始まり、沢村賞など数々のタイトルを獲得、エースへと成長していった攝津。しかし、ここ数年は苦しいシーズンが続き、昨年11月4日に球団から、2019年の契約を結ばない旨の発表があった。現役続行を希望しオファーを待ったが、声は掛からず。新たな道に進むことを決めた。「本当に満足している」。やり切った10年間に、後悔も、悔いもない。今後については未定だが、「チャンスがあればホークスの指導者に」との夢も口にした。

関連情報

関連キーワード検索

WEEKLY TOPIC

週刊ベースボール各球団担当がピックアップする注目ニュース。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング