週刊ベースボールONLINE

Weekly Topic

阪神 西勇輝は順調な仕上がり

 


 第3クールの最終日、2月12日はブルペンが熱かった。西勇輝投手が1日に2度のブルペン入りをしたのだ。最初は100球を投げ込み、インターバルを置いて再度ブルペン入りし、すべて真っすぐの50球を投げ込んだ。

「自分のピッチングをしないといけないと思う。いかにスムーズに入れるかどうか。しっかり5クール目くらいまでに意識していきたいです」と語った。

 この日、最初のブルペンには新人の木浪、大山と西の少年時代のあこがれである福留が打席に入った。全員に対し内角にしっかりとコントロールをされた球を投げ続けた。2度目は10球ずつ内外角へときっちり。次クールではペースを落とす予定で、順調な調整ぶりを見せている。

関連情報

関連キーワード検索

WEEKLY TOPIC

週刊ベースボール各球団担当がピックアップする注目ニュース。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング