週刊ベースボールONLINE

Weekly Topic

楽天 ウィーラー 見せた先輩の意地

 


 主役の座は渡さない。3月20日、ソフトバンクとのオープン戦(ヤフオクドーム)で、ウィーラー内野手が2回に先制の2点適時二塁打を放った。「いい球が来たら初球から打とうと思っていた。甘く入ったのでしっかりコンタクトできた」。6回にも中前打を放ちマルチ安打となった。「状態はいい。残り試合でもっと集中力を高めたい」と語った。

 今季は新主砲候補としてブラッシュが加入した。それでも来日5年目の“先輩助っ人”の存在感が薄れることはない。この日の打撃について平石監督は「初球の甘い球を一発で仕留められたので、状態は上がっている」と評価する。チームに欠かせぬムードメーカーとしても力強くけん引していく。

関連情報

関連キーワード検索

WEEKLY TOPIC

週刊ベースボール各球団担当がピックアップする注目ニュース。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング