週刊ベースボールONLINE

Weekly Topic

DeNA 自滅で痛恨の逆転負け、借金10

 

 5月8日の巨人戦(新潟)は4点リードで迎えた7回にリリーフが自滅し、手痛い逆転負けを喫した。新人・大貫晋一投手が6回1失点と好投しながら、バトンを受けた三嶋一輝投手が二死を奪うも3四球と適時打で3点差に。交代した3番手の国吉佑樹投手が押し出し後、走者一掃の逆転3点適時二塁打を浴びるなど、まさかの7失点。投手陣がこの回だけで5四球を与えれば、当然の結果だった。

 ラミレス監督は「負けた試合には何もできない。敗戦から学んで次につなげないと」と前を向いたが、相手エース・菅野から5点を奪い、完全にDeNAペースの試合を落としたショックは大きい。5連敗で借金は10。監督就任以来、最大の危機を迎えている。

関連情報

関連キーワード検索

WEEKLY TOPIC

週刊ベースボール各球団担当がピックアップする注目ニュース。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング