週刊ベースボールONLINE

Weekly Topic

西武 今井達也 首位から勝利

 


 背番号11が6月18日以来の勝利を挙げた。7月30日のソフトバンク戦(メットライフ)に先発した今井達也投手。タカ打線相手に最速153キロのストレートを軸に6回3安打2失点に抑え、昨季の5勝を上回る自己最多の6勝目をマークした。「最低限の仕事でした。ビッグイニングをつくられなかったのが良かったですね」と今井。中5日での登板だったが、丁寧な投球で首位をたたいた。

 母校・作新学院は9年連続夏の甲子園出場を決めていた。自身は2016年にエースとして夏の頂点に。後輩たちの頑張りに刺激を受けながら、優勝争いも激しくなる夏場、チームに力を与えるパフォーマンスをマウンドで発揮する。

関連情報

関連キーワード検索

WEEKLY TOPIC

週刊ベースボール各球団担当がピックアップする注目ニュース。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング