週刊ベースボールONLINE

Weekly Topic

オリックス 吉田正尚が2年連続の20発

 


 主砲のバットから快音だ。7月31日のロッテ戦(ZOZOマリン)の1回。一死一塁から三番・吉田正尚外野手が「高めのストレートをしっかりと強く、自分のスイングで打つことができた」と、右翼席へ先制の2ランアーチをかけた。これで打線が勢いづきチーム計14安打。8対4で勝利を飾った。

 開幕直後は打率1割にも満たず不振だった吉田正だが、この日の一発で2年連続の20本塁打に到達。7月は打率.357、7本塁打、21打点で月間MVP候補にも挙がる。本来の打棒を取り戻した26歳は「次は30本を目指していきたい」と意気込み、キャリアハイとなる26本塁打超えも射程圏内。どこまで成績を伸ばすのか、注目だ。

関連情報

関連キーワード検索

WEEKLY TOPIC

週刊ベースボール各球団担当がピックアップする注目ニュース。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング