週刊ベースボールONLINE

野球写真コラム

プロ野球には“ケチケチ伝説“と“強欲伝説“しかないが、仕事の性質上そうなるのか。例外は金田正一で立派の一語

 

文=大内隆雄


 1月23日号で平野重治さんが、夏目漱石の弟子のことを書いていたが、こちらも漱石の弟子のことを思い出したので書いてみる。漱石という人は面倒見がよく、弟子たちに職を探してやったり、気前よくお金を貸し与えたりした(多分、ほとんど戻ってこなかっただろう)。森田草平、内田百里箸い辰芯鏤劼燭舛蓮⌒石のこういう援助がなかったら作家にはなれなかったかもしれない。岩波茂雄(岩波書店創業者)に至っては、「先生の本を出したいから金を貸してください」という甘えぶり。漱石はこれにも応じたという。

 プロ野球選手は「ウチのフロントにも漱石のような人がいればなあ」なんて羨ましがるかもしれない。プロ野球選手は、1円でも多くむしり取る側だから・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

おんりい・いえすたでい

おんりい・いえすたでい

過去の写真から野球の歴史を振り返る読み物。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング