週刊ベースボールONLINE

野球写真コラム

日本ハム・清宮は7安打目が初本塁打。早実の大先輩・王貞治は27打席目の初安打が初本塁打と大苦戦。しかし、2発目はすごい!

 

 5月9日は、ソフトバンク王貞治会長は忙しくもうれしい一日だったに違いない。ソフトバンクの“顔”とも言うべき内川聖一がようやく2000安打を達成(対西武、メットライフドーム)。一方、早実の後輩・清宮幸太郎が初ホームラン(対オリックス、京セラドーム)。どちらのコメントを求められてもニコニコだった。

 今回は後者のほうに関連した王さんの話を書く。清宮は、チーム32試合目での初ホームランだったが、王さんの初ホーマーは、チーム13試合目と、清宮よりは早かった。もっとも清宮は5月2日からの出場。自身7試合目での一発で、ここまで7試合連続ヒットだったのだから立派。王さんは自身11試合目での初ホーマーだから、清宮より遅い。しかも・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

おんりい・いえすたでい

過去の写真から野球の歴史を振り返る読み物。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング