週刊ベースボールONLINE


石渡茂「外されたとは思ってませんけどね」

 


 中大時代に東都大学リーグでベストナインを2回獲得し、1971年ドラフト2位で近鉄に入団した好打者は、名将・西本幸雄監督の厳しい指導を受けながら黙々と鍛錬を積み、5年目の75年に遊撃のレギュラーに定着した。

 チームメートから「彼が大声でしゃべるのを聞いたことがない」と言われる寡黙な性格だったが、7年目の77年には主に一、二番を打ち全試合に出場し、キャリアハイの打率.285をマーク。オールスターへの初出場も果たし、初タイトルのベストナインを獲得するなど頭角を現した。

 石渡が2度目のベストナインを手にしたのはチームが初優勝を遂げた79年であるが、ファンの記憶にその名が深く刻まれるのは、同年の広島との日本シリーズ・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

ツーシームみたいに〜心揺さぶる名言〜

野球人の名言から野球人生を振り返るコラム。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング