週刊ベースボールONLINE

第98回全国高校野球選手権大会

鳴門高3年・河野竜生 悲願の甲子園初白星をマーク

 

勝利だけを追い求めた「3度目の正直」


1年夏、2年夏の甲子園で先発しながら敗戦投手となっていた鳴門高の左腕・河野竜生。最上級生となり落ち着いたマウンドさばきを見せて、佐久長聖高[長野]との1回戦を2失点完投している/写真=田中慎一郎


 徳島代表の鳴門高は今夏、県内の名門・徳島商高、池田高も成し得なかった5年連続出場を成し遂げた。喜びと同時に、プレッシャーも同居していた。森脇稔監督は言う。

「昨夏までは『若いチーム』と言ってきたが、今回は言い訳ができない」

 昨夏の経験者10人を擁するチームに手応えを感じつつも、指揮官は「重いものが、2年間あった」と、一つの壁を乗り越えるまでは、不安が拭ぬぐえなかった。14年夏は2回戦で近江高(滋賀)に0対8、15年夏は1回戦で九州国際大付高(福岡)に2対8と初戦敗退。いずれも、先発で敗戦投手となったのが左腕・河野竜生(3年)だった。1年夏は4回5失点、2年夏は6回途中7失点と、試合を作ることができなかった。

 試練は続く。今春のセンバツ出場をかけた昨秋の四国大会では、初戦で済美高(愛媛)に0対3で敗退。また、今春の四国大会も明徳義塾高(高知)に2対3と惜敗。河野は2戦とも完投も、白星に恵まれない。「甲子園で2回勝てず、秋と春に県大会で優勝しても、外で勝てないのは苦しかった」。悩めるエースに手を差し伸べたのが、森脇監督だった・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

アマチュア野球情報最前線

アマチュア野球情報最前線

アマチュア野球取材班、ベースボールライターによる、高校・大学・社会人野球の読み物。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング