週刊ベースボールONLINE

第48回明治神宮野球大会(大学の部)

松本航&東妻勇輔のダブルエースが圧巻の投球!! 日体大が37年ぶり2度目の優勝

 

日体大は3年生右腕の両輪を擁し、2回戦から決勝まで3試合1失点と危なげない内容で、37年ぶりの頂点へと上り詰めた/写真=川口洋邦


上級生が雑用を率先する「改革」が結実


「エッサ、エッサ、エッサッサ」。晩秋の神宮の杜に、日体大伝統の『エッサッサ』の勇壮な掛け声が響いた。

 11月15日、日体大(関東5連盟第一代表)が星槎道都大(北海道2連盟代表)に3対0で勝ち、37年ぶり2度目の優勝を決めた。2009年に就任した古城隆利監督は「日本一を本気で目指してやってきた。いろいろなことが、積み上げられた成果かなと思います」と目を潤ませた。

 古城監督の改革が実った。2年前に『日体大イノベーション』を断行。寮の清掃など部の雑用を上級生が率先して引き受け、下級生が授業や練習に集中できる環境を整えた。また、朝6時30分からは二、三軍の計5チームによる『日体リーグ』で競争を活発化。上級生の責任感が増し、チーム全体の戦力も底上げされた。

 今年の9月末に部員の相曽幸宏さん(1年・帝京高)が髄膜炎のため急死。この秋、日体大ナインは亡き友への思いを胸に戦っていた。

 松本航(3年・明石商高)と東妻勇輔(3年・智弁和歌山高)の右腕2本柱が・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

アマチュア野球情報最前線

アマチュア野球取材班、ベースボールライターによる、高校・大学・社会人野球の読み物。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング