週刊ベースボールONLINE

第43回社会人野球日本選手権

生田目翼(日本通運) 150キロ超の真っすぐで圧倒する度胸満点のリリーバー

 

水戸工高、流通経大を経て入社した日本通運では1年目からストッパーを任され、都市対抗と日本選手権で経験を積んだ。来年は2度目のドラフトイヤーを控える/写真=前島進


思い描く理想のストッパー論


 大学時代の最速は155キロ。2015年、威力十分の直球を武器に流通経大を29年ぶりの大学選手権準優勝に導いた生田目翼は入社1年目、日本通運の9回のマウンドを任された。

 ストッパーを託されたのは同社へ合流してすぐ。大学時代に肩、ヒジを痛めた関係で、短いイニングからという首脳陣の配慮だった。

「先発だと試合を作って徐々に上げていけば良いというイメージが自分の中ではある。(抑えは)高校でも大学でも経験したことがないので作り方が難しいですけど、とりあえず自分の仕事をやるべきだと思いますし、少しずつ慣れてはきました」

 公式戦初登板は都市対抗1回戦、2点リードで迎えた三菱重工広島戦の9回だった。緊張の中、失策と内野安打で走者を背負うが・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

アマチュア野球情報最前線

アマチュア野球取材班、ベースボールライターによる、高校・大学・社会人野球の読み物。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング