週刊ベースボールONLINE

東京六大学リーグ

スーパー1年生・三浦銀二(法大)リーグ戦初先発初完投勝利

 

1年秋で早大との開幕戦先発を任された法大・三浦は被安打3で、初完投勝利を収めた/写真=小倉元司


2012年秋以来のリーグ制覇を目指すキーマン


 法大は5季連続して開幕カードで勝ち点を落としている。今秋こそ、開幕からスタートダッシュをかけたい。青木久典監督は、今季の開幕投手を誰にするか、悩んだという。

 候補は3人。菅野秀哉(4年・小高工高)、高田孝一(2年・平塚学園高)、三浦銀二(1年・福岡大大濠高)。指揮官は開幕前日の練習中に3人を呼び、三浦に任せることを告げた。

 三浦は1年生ながら、今春は7試合で救援として登板して2勝を挙げた。夏のオープン戦でも好投したことから、青木監督は「ゲームを作ることができる」と信頼していた。

 大事な開幕戦で、リーグ戦で初めて先発することなった三浦は、責任の重さを感じ・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

アマチュア野球情報最前線

アマチュア野球情報最前線

アマチュア野球取材班、ベースボールライターによる、高校・大学・社会人野球の読み物。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング