週刊ベースボールONLINE

東都大学リーグ

東洋大の153キロ右腕・梅津晃大が抱く白星への執念

 

昨年の新チーム結成時、主将・中川圭太[4年・PL学園高]から副将に指名されるなど、人望が厚い。誰もが「梅津を勝たせたい」と初勝利を願っている/写真=矢野寿明


リーグ戦未勝利のドラフト1位候補


「勝たせてやりたい投手」。153キロ右腕・梅津晃大(4年・仙台育英高)は、周りの誰もがそう思う存在だ。なぜならば、これまでの副将としての言動を見てきているからだ。

 梅津は1年夏に突然、投球が10球に1球ほどすっぽ抜けるようになった。その不安から、球が投げられない時期もあった。東洋大OBの玉井信博投手コーチ(元巨人ほか)の指導で近距離のスナップスローを繰り返すなど、地道な練習の末に3年春には投げ込みができるまでになった。3年秋には開幕の日大1回戦で一部リーグ戦初登板を果たす。ところが・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

アマチュア野球情報最前線

アマチュア野球取材班、ベースボールライターによる、高校・大学・社会人野球の読み物。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング