週刊ベースボールONLINE

侍ジャパン大学代表

2年任期の大学日本代表監督 九産大・大久保哲也氏が就任

 

11月13日の全日本大学野球連盟監督会幹事会の後、同常任委員会の承認を経て、大久保哲也監督[九産大監督]の就任が決まった。左は監督会会長の中央学院大・菅原悦郎監督/写真=BBM


候補選手50人によるサバイバル合宿が松山で開催


 全日本大学野球連盟監督会幹事会が11月13日、東京都内で行われ、侍ジャパン大学代表を指揮する新監督として九産大・大久保哲也監督が推薦された。その後に行われた同常任委員会での全会一致の承認を得て、就任が決まった。任期は2年。2020年はハーレム・ベースボールウイーク(6月26〜7月5日、オランダ)、21年の日米大学選手権(アメリカ開催予定)まで指揮を執る。「責任の重さを痛感しています。(過去の)歴史に劣らないように、頑張らないといけない」と抱負を語っている。

 代表監督としての“初仕事”は11月30日〜12月2日まで松山・坊っちゃんスタジアムで50人を集めて行われる選考合宿だ。11月13日の選考会議では・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

アマチュア野球情報最前線

アマチュア野球情報最前線

アマチュア野球取材班、ベースボールライターによる、高校・大学・社会人野球の読み物。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング