週刊ベースボールONLINE

第92回都市対抗野球大会

渡辺俊介監督が率いる日本製鉄かずさマジックが歩んだ1年

 

日本製鉄かずさマジックでは3年ぶりに出場した都市対抗1回戦で西濃運輸と対戦。就任2年目の渡辺監督は初勝利を飾り、試合後のインタビューで喜びを語った[写真=松田杏子]


屈辱と試練を経てチームが一つに結束


「選手たちが頼もしいので、今日は何もすることがありませんでした」と語ったのは、都市対抗で初采配初勝利を飾った日本製鉄かずさマジック・渡辺俊介監督(国学院大)だ。

 新日鉄君津でプレーした渡辺監督は2000年のシドニー五輪に出場し、2001年ドラフト4位でロッテに入団。アンダースローで一世を風靡(ふうび)しNPB通算87勝。WBCでも06年と09年の2連覇に貢献した。13年オフにはロッテを退団しメジャー球界に挑戦。独立リーグなどでプレーし、古巣のかずさマジックに選手兼コーチとして復帰後は専任コーチを経て、20年に監督に就任していた。

 指揮官としてのスタートは厳しいものだった。20年の都市対抗南関東二次予選では、創部2年目のハナマウイに第2代表決定トーナメント1回戦で敗退。21年はチーム内に新型コロナウイルスの感染者が出たため、6月の日本選手権・関東最終予選の出場を辞退することになった。ただ・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

アマチュア野球情報最前線

アマチュア野球情報最前線

アマチュア野球取材班、ベースボールライターによる、高校・大学・社会人野球の読み物。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング