週刊ベースボールONLINE

日本独立リーグWatch

白熱のプレーオフ 群馬×滋賀/BCLリポート

 

本塁打と打点でリーグトップだった群馬・速水。プレーオフでも活躍を見せている


 BCLのプレーオフは大詰めを迎えている。9月26日に開幕した決勝ラウンドは、群馬と滋賀が優勝を争っている。

 第1戦は相手の守備の乱れで初回に3点を先行した滋賀が11安打7得点。守ってはシーズン12勝を挙げた菅原誠也(長崎国際大)が7回途中まで無失点の好投を見せ、3投手による完封リレーで7対0と快勝した。

 第2戦は群馬が4回に鹿沼柊汰(立正大)の3ランが飛び出すなど一挙5点を入れて滋賀を突き放した。計15安打、9対6で勝利した群馬が1勝1敗のタイとした。

 高崎に移った第3戦は・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

日本独立リーグWatch

独立リーグ(BCL、四国IL)の今を毎週お届け!

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング