週刊ベースボールONLINE

堀内恒夫の多事正論

堀内恒夫コラム「レベルの高さを見せつけた打者。攻守にハイレベルな捕手・中村奨成」

 

スイングが速く、体の前でボールをとらえる打撃が特徴の中村/写真=田中慎一郎


 夏の甲子園大会は花咲徳栄高の優勝で幕を閉じた。大会の目玉として期待された早実・清宮幸太郎が地区大会で敗れたため、盛り上がりに欠けるのではないかと思われたが、いざ始まってみれば大逆転あり、壮絶な打撃戦ありで、面白い大会だった。

 数多くあったスリリングなゲームを陰で演出したのは、量産されたホームランだろう。私たちの感覚をはるかに上回って打球が飛んだ。泳いで打った打球や、詰まった当たりが簡単にスタンドインした。プロでもあまりお目に掛からないバックスクリーンへの一発も多かった。

 ボールによるものなのか。金属バットによるものなのか。風のせいなのか。選手のバッティング技術が上がったからなのか。ドラフト候補生がひしめいていた昨年と違い、「超高校級」と言われる投手が少なかったからなのか。原因は分からないが、明らかにここ数年の大会とは様子が違った。

 しかし、そんな打者優位の大会が・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

堀内恒夫の多事正論

レジェンド堀内恒夫の球界提言コラム。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング