週刊ベースボールONLINE

堀内恒夫の多事正論

堀内恒夫コラム「直球も徐々に速くなり期待感が高まる高橋優貴。投手から見ると近本光司は『最も嫌なタイプの打者』」

 

曲がりの遅いスライダーも高橋[写真上]の武器だ。近本が一番に固定できれば阪神は浮上する/写真=BBM


 開幕から1カ月半が過ぎた。ペナント争いは大方の予想どおり、セ・リーグは丸佳浩を補強した巨人が、パ・リーグは故障者が続出しながらも戦力の厚さでソフトバンクが安定した戦いをしている。

 個人成績争いでは中堅、ベテランが成績表の上位に顔を連ねる中、新人、若手の頑張りも目立っている。中でも巨人のドラフト1位・高橋優貴が好投を続けているのは、チームのOBの1人としてうれしい。

 高橋の良さを聞かれるといつも困ってしまう。特別速いストレートがあるわけではない。変化球もすごいキレをしているとは言えない。それなのに抑えてしまう。表現は悪いが、・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

堀内恒夫の多事正論

レジェンド堀内恒夫の球界提言コラム。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング