週刊ベースボールONLINE

堀内恒夫の多事正論

堀内恒夫コラム「1球しか来ない甘い球を確実に仕留める。岡本和真よ、落合のような真の四番打者になれ!」

 

8月4日現在、打率.258、18本塁打、57打点となかなか調子が上がらない岡本/写真=高原由佳


 一寸先は闇。天国から地獄。まさに波瀾万丈のペナントレースですな。一時は2位以下を10ゲーム以上引き離して、優勝へ独走状態だった巨人が一気に失速した。まあ、例えば6連戦で6連敗しているうちにライバルチームが6連勝すれば、6ゲーム縮まる。現実にそれに近いことが起きたのだから、当然と言えば当然なのだけど。

 今回は古巣・巨人の失速と、その原因について少し考えてみる。先発ローテーションの谷間に投げさせた古川侑利ヤングマンが序盤に大量失点するなど、先発投手が責任を果たせない。大黒柱の菅野智之にも昨年までのような安定感がない。開幕前から不安視されていながら、ここまで予想外に踏ん張りを見せてきた中継ぎ陣にも疲れが見える。大事な局面でマシソン田口麗斗らが打たれて試合を落とした。と、ここまで書くと、失速の原因は投手陣にありそうだ。しかし……。

 打線に問題はないのだろうか。ある。岡本和真がどうにも気になる。打率が思うように上がってこない。チャンスに凡打して流れを止めることも多く、7月27日の阪神戦(東京ドーム)ではついに四番から七番に降格させられた。昨年の、あの豪快なバッティングはどこへ行ってしまったのだろうか。

 意外と思われるかもしれないが・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

堀内恒夫の多事正論

レジェンド堀内恒夫の球界提言コラム。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング