週刊ベースボールONLINE

よく分かる!ルール教室 / 元日本野球規則委員 千葉功

「死球」とはどのような形で公認野球規則に掲載をされている?避けなかったり、わざと当たった場合は?【後編】

 

巨人宮本和知投手チーフコーチが、近年の死球の傾向に疑問を投げかけた、というニュースを目にしました。エルボーガードのような体を守る防具の技術が発達したことで、本来、避けられるボールを避けなかったり、ヒジをわざと出すようなケースがあることに懸念を示した、とのことです。そもそも「死球」とはどのような形で公認野球規則には掲載をされているのですか?

 死球(Hitbypitch)にまつわる規則の続きです。前号では“打者が走者となる場合”について触れた5.05(b)(2)について説明しました。さらなる説明のため再度掲載します。

 5.05(b)(2)「打者が打とうとしなかった投球に触れた場合。ただし、(A)バウンドしない投球が、ストライクゾーンで打者に触れたとき、(B)打者が投球を避けないでこれに触れたときは除かれる。バウンドしない投球がストライクゾーンで打者に触れた場合には、打者がこれを避けようとしたかどうかを問わず、すべてストライクが宣告される。しかし、投球がストライクゾーンの外で打者に触れ、しかも、打者がこれを避けようとしなかった場合には、ボールが宣告される。」

 ここで「投球がストライクゾーンで打者に触れた場合」とありますが、これはホームプレート上方空間に限らず、前後に延長した空間で打者に触れた場合も含みます。また、投球がストライクゾーンの外で打者に触れた場合でも、その投球がストライクゾーンを通っていたときには、打者が避けたかどうかにかかわらず、ストライクが宣告されます。

 なお、死球の条件の1つともなっている「投球を避けようとしたかどうか」は、球審の判断によって決定されるもので、「投球の性質上、避けることもできなかった」と球審が判断すれば、避けようとした場合と同様に扱われます。そして投球が地面に触れたあとに、これを避けようとした打者に当たった場合も打者に一塁が許されることとなります。[文責=編集部]

関連情報

関連キーワード検索

よく分かる!ルール教室

元日本野球規則委員・千葉功による野球ルールコラム。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング