週刊ベースボールONLINE

伊原春樹コラム

野茂、伊良部クラスの剛腕!迫力ある直球とキレ味鋭いフォークで相手を牛耳る若タカ右腕のすごさ

 

 彼のストレートとフォークで相手を牛耳るスタイルは野茂英雄(元近鉄ほか)、伊良部秀輝(元ロッテほか)に匹敵するのではないだろうか。誰のことかというと、ソフトバンクの6年目右腕・千賀滉大のことだ。今季2勝目を挙げた4月13日の西武戦(県営大宮)でも、素晴らしいピッチングで西武打線を翻ろうした。

4月13日の西武戦で10三振を奪い、今季2勝目を挙げた千賀/写真=内田孝治


 186センチの長身から投げ下ろすストレートは常時150キロ以上をマークし、打者のタイミングを外すカーブの曲がりも大きい。さらに打者の打ち気がはやったところでキレ味鋭いフォークを投じる。ストレート、変化球ともに一線級のレベルにあるが、特にこのフォークが打者からすると厄介だ。例えばフォーク対策として、「ヒザから下の低めのボールには手を出すな」と指示を出しても千賀の途中までストレートと見まがう軌道を描くからそれもなかなか難しい。攻略するには数少ない失投を逃さずにとらえるしかない。

 ここぞというときに三振を取れる投手・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

伊原春樹の野球の真髄

座右の銘は野球道。野球評論家として存在感を放つ伊原春樹の連載コラム。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング