週刊ベースボールONLINE

伊原春樹コラム

豪快なフォームと小気味いい投球。高校時代から球質も向上した右腕は今年確実にドラフト1位で消える

 

 高校野球の夏の地方大会が熱戦たけなわ、プロ野球はオールスターが終わり、後半戦がスタートしている。真夏に向け、野球界は盛り上がりを見せるが、社会人野球も熱い。7月15日に都市対抗が開幕し、東京ドームは歓喜と落胆が渦巻いている。

 思えば私が初めて都市対抗を観戦したのは芝浦工大4年時。1970年のことだから、もう46年も前のことになる。舞台は当然まだ後楽園球場で、目にしたのは確か日本石油対クラレ岡山だったと思う。試合もさることながら、最も印象に残ったのは応援だ。スタンドが一体となって声援を送り、選手を盛り上げる応援は感動ものだった。応援は年々華やかとなり、今では応援団にも賞が贈られるという。

 さて、今年も都市対抗の試合をチェックしていく中で最も目についたのは東京ガスの山岡泰輔投手だ。私は広島県出身でやはり地元の高校は気になる。山岡は高校3年時(2013年)、夏の広島大会決勝で瀬戸内高のエースとして広島新庄高の田口麗斗(現巨人)と投げ合った。しかし延長15回で決着がつかず翌日、再試合へ。ここで田口とのエース再対決に1対0で投げ勝ち、甲子園出場を果たした。

 田口ともどもプロで通用する素材だと思っていたが・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

伊原春樹の野球の真髄

伊原春樹の野球の真髄

座右の銘は野球道。野球評論家として存在感を放つ伊原春樹の連載コラム。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング