週刊ベースボールONLINE

伊原春樹コラム

実力伯仲の広島、ソフトバンク。勝敗を分けるのは“ミス”の数

 

第2戦の初回、先者・田中広輔の左翼前方への当たりをデスパイネが捕球できずに後逸して二塁打に。ソフトバンクはこのミスから広島に先制点を許してしまった


 セ・リーグ3連覇を果たし、34年ぶりの日本一を目指す広島とパ・リーグ2位からクライマックスシリーズ(CS)を制し、2年連続日本一を狙うソフトバンクの日本シリーズ。攻撃力、投手力、守備力のどれをとっても実力の差はなく、戦前から好勝負が予想されたが、実力が伯仲するチーム同士の対戦の場合、“ミス”が勝敗の行方を左右する。それが第2戦で浮き彫りとなった。

 延長12回引き分けの熱戦から一夜明けて迎えた頂上決戦第2ラウンド。工藤公康監督は大幅にオーダーを変えてきた。特にCSで大活躍した上林誠知が初戦、4三振に終わると、スタメンから外した。おそらく先発が左腕のジョンソンだったこともあったのだろう。しかし、上林はシーズンで右投手に打率.272、左投手には.265と左右で差があるわけではない。西武とのCSファイナルステージ第3戦(メットライフ)で、左腕の榎田大樹から3ランを放ったのも記憶に新しいところだ。

 内川聖一も・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

伊原春樹の野球の真髄

座右の銘は野球道。野球評論家として存在感を放つ伊原春樹の連載コラム。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング