週刊ベースボールONLINE

伊原春樹コラム

伊原春樹コラム「理想の先発への階段を駆け上がる山本由伸のピッチングの凄み」

 

5月6日現在、5試合に投げ、防御率1.38ながらわずか1勝。しかし、今の投球を続けていけば勝ち星は伸びるはずだ/写真=佐藤真一


 そのピッチングに目を奪われた。5月2日、ロッテ戦(京セラドーム)で先発したオリックス山本由伸だ。都城高から2017年、ドラフト4位で入団。今季が3年目、弱冠20歳の右腕だ。昨季はリリーフとして54試合に登板、4勝2敗1セーブ、32ホールドをマーク。力強いピッチングに昨年から注目はしていた。

 今季はリリーフから先発へ転向。金子弌大西勇輝が他チームへ移籍し、先発陣に穴が開いたが、そこに食い込みたいという気持ちが強かったからだという。1年目も先発をしていたが、最長5イニング。スタミナ面に不安もあったのだろうが、トレーニングのたまものなのか、そのあたりはまったく心配はないピッチングを続けている。やみくもに投げるだけではないのが見て取れるのだ。考えながらうまく打たせてアウトを重ね、イニングを稼いでいる。

 本人も「負けない投手」を理想像に挙げていて、そのために「“打たれない”。そして“疲れない”。打たれないから負けないし、球数も増えないから疲れない。これが理想の先発投手です」と語っているそうだが、まさにそれを体現しているように思う。ここまで5試合で平均7、8イニングと球数を抑えながら、きっちりと責任を果たしている。

 2日の試合でも勢いのあるボールを次々と投げ込んでいた。150キロを超えるストレートは球速以上に打者が速いと感じているように見える。例えば菅野智之(巨人)の・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

伊原春樹の野球の真髄

座右の銘は野球道。野球評論家として存在感を放つ伊原春樹の連載コラム。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング